視力0.3からの近視回復塾

視力0.3から近視を回復させる視力向上訓練や、眼科の治療法を解説しています。幼児や小学生の子供の視力低下の原因は、仮性近視や遠視、乱視、心因性視力障害のこともあります。

視力0.3から視力アップする方法を公開!

視力0.3からの近視回復塾へようこそ!

当サイトでは、視力0.3という強度の近視でもなく、かといって目がいいわけでもない、微妙なポジションにいる近眼の人のために解説しています。

視力0.3といえば、小学校や中学校の子供の学校検眼でいえば、Cランクの一番下にあたります。C評価は、視力0.3から視力0.6の範囲です。その上のB判定は、視力0.7から0.9、一番下のD判定は、視力0.2以下となります。

このように視力0.3という目は、ちょっと気を抜けば、視力0.1以下の強度近視に視力低下していきます。その反対に、視力1.0以上に視力回復する可能性も秘めています。とくに幼児や小学生低学年の子供の場合、仮性近視のこともあります。仮性近視なら、簡単に視力アップします。遠視や乱視、弱視、心因性視力障害のこともあります。

視力0.3というと、自動車の運転免許更新時の視力検査で通過できる、ぎりぎりのラインです。ただし片目で視力0.3です。両目では視力0.7が必要になります。もし片目が視力0.3に満たない場合は、もう一方の目が視力0.7以上であり、左右で150度以上の視野が必要になります。

視力0.3レベルの近眼の場合、遠くを見るときだけメガネを装用すればいいと思います。そのほうが急激な視力低下を予防することができます。子供の場合、学校の黒板を見る必要がある授業中だけにするということですね。大人の場合は、車の運転時や映画の字幕を読むときなどに限定すべきです。こういった使い分けは、コンタクトレンズの装着では難しくなります。

視力0.3のまま固定化させるという考え方もあります。とくに視力1.2などに視力向上させるのではなく、視力を維持するのです。そうすれば40歳を越えて老眼になったときに、老眼鏡なしで近くを楽に見ることができます。それ以前でも、パソコンを使った事務作業を、眼精疲労の不安もなく行なえます。

当サイトでは、急激な視力低下に歯止めをかけ、快適な視界を得るためにお役に立てれば幸いです。
>> 視力0.3の目を回復させる方法はこちら
子供用の視力回復教材はこちら

子供の視力回復を応援! 近視を改善する研究所 近眼回復への道しるべ 視力訓練と方法 自力で視力回復 視力回復を自宅でする方法

視力0.3を回復させる訓練法とポイント