視力0.3からの近視回復塾

視力0.3から近視を回復させる視力向上訓練や、眼科の治療法を解説しています。幼児や小学生の子供の視力低下の原因は、仮性近視や遠視、乱視、心因性視力障害のこともあります。

サイトトップ > 視力0.3の回復法

視力0.3の回復法

視力0.3の回復法には、いろいろあります。
少なくとも、視力0.01レベルの強度近視よりは、選択の余地があるといえます。

視力0.3は、真性近視であり、だいたい屈折性近視の段階だと思われます。もちろん人によるので、軸性近視である人もいます。屈折性近視の場合は、まだ眼球が長く伸びていないので、視力回復の余地はあるといえるでしょう。

視力の低下は、まず仮性近視から始まります。
この段階は、目の内部にある毛様体筋の凝りだけが視力減退の原因です。そのため肩こりを取るように、毛様体筋のコリをほぐせば視力改善することになります。眼科のミドリンMなどの散瞳薬による点眼治療や、ワックという視力回復訓練機によって、視力がアップします。

幼児や小学生の子供が仮性近視を放置していると、本物の近視である真性近視に入っていきます。その第一段階が屈折性近視です。これは毛様体筋のコリが固定化し、かつ角膜が前方に突出した状態といえます。視力0.3の近視の場合、この段階のことがあります。屈折性近視の場合は、視力回復センターに通院したり、眼科の通電療法で、効果が得られるレベルです。

また3Dアートの立体視ができるマジカルアイとか、マジックアイ・エクササイズなどの視力回復の本も有効です。平行法や交差法の視力訓練が役立つことがあります。100円ショップなどで販売されているピンホールメガネが有効なこともあります。

子供が視力0.3であっても、それは近視以外に乱視や遠視、弱視、心因性視覚障害であることもあるので要注意です。とくに遠視で視力0.3ということは、あまり知られていません。遠視とは遠くも近くも、ぼやけて見える屈折異常なのです。両目が遠視で、すでに弱視を発症している場合は、10歳までに治療すれば治ります。ただし片目だけが遠視で弱視を発症していると、事態は深刻になります。そのため学校の視力検査で視力0.4とか0.3、0.2ということがわかったら、まずは眼科の診察をうけることをおすすめします。

屈折性近視を放置していると、軸性近視になっていきます。
これは近眼の最終変化形です。軸性近視では、眼球がラグビーボールのように伸びます。これによって筋肉を緊張させなくても、近くを見やすくするわけですね。いってみれば、近くを見る生活習慣という環境への適応です。

学校の視力検査で視力0.3という場合、すでにこの軸性近視に突入していることがあります。こうなると、民間の視力回復トレーニングでは太刀打ちできなくなります。この場合は、メガネや使い捨てコンタクトレンズを装用したり、レーザー治療であるレーシック手術やPRK手術、ラセックがいいでしょう。睡眠中に視力回復するオルソケラトロジーやオサートという眼科矯正治療もあります。

ただし視力0.3レベルでは、よっぽどの理由がないかぎり視力回復手術は、おすすめできません。たとえば裸眼視力が必要な職業とかスポーツ選手は例外でしょう。しかし普通に生活する分には、ハードレンズや一日使い捨てコンタクトレンズ、あるいは眼鏡の装着で十分だと思います。ましてや40歳手前の人が、近視矯正手術をうけると、本来必要でないはずの老眼鏡のお世話になることになります。

視力0.3といっても軸性近視である場合、視力のアップはさほどのぞめないかもしれません。しかし生涯、視力0.3を維持するという考え方もできます。そして、それは十分可能なのです。超音波治療器ソニマックを目に照射したり、目のツボ指圧で目の血行をよくしたり、眼筋トレーニングで目の訓練をしたり・・・。できることはたくさんあります。

また近視の視力回復トレーニング方法で、視力0.3の眼が、視力1.2や1.5に視力向上しないとは誰が断言できるでしょうか?やってみないと、本当のところはわかりません。ベイツ理論なら、視力0.3から視力改善する可能性は、十分あります。目と脳が柔軟な子供の年代なら、なおさらです。速読法は目を速く動かしますが、このことが外眼筋を強化し、脳の処理能力を高めることになり、視力0.3の回復に役立ちます。

近眼矯正の方法〜レーシック手術や、メガネ、コンタクトレンズの装用

近眼矯正の方法には、何種類かあります。メガネやコンタクトレンズの装用は、もっとも一般的な視力矯正の方法です。角膜の形をいじらないので、リスクが少ないといえます。

近眼矯正の方法〜レーシック手術や、メガネ、コンタクトレンズの装用

視力検査でC判定をもらったら・・・

小学校や中学校の視力検査でC判定をもらうと、愕然とするかと思います。なぜならB評価を通り越して、C評価だからです。小学校や中学校の子供を対象とした、学校検眼の視

視力検査でC判定をもらったら・・・

受験と視力〜試験勉強と目の視力低下

受験と視力について解説します。受験といえば、小学校受験、中学受験、高校受験、大学受験、資格試験などなどいろいろあります。受験勉強では、必然的に近くの教科書や参考

受験と視力〜試験勉強と目の視力低下

視力が悪い人にオススメの目のエクササイズ

視力が悪い人は、目を細めたりしますが、これはますます視力低下を招きますので要注意です。100円ショップではピンホールメガネ(穴あき眼鏡とも)が販売されています。

視力が悪い人にオススメの目のエクササイズ

運転免許と視力〜車の更新には視力0.3が必要

運転免許に視力は欠かせません。車の運転では周囲の状況を明瞭に見れないと、事故につながるため当然ですね。そのため普通自動車の運転免許では、視力検査が不可欠になりま

運転免許と視力〜車の更新には視力0.3が必要

ワンデーコンタクト〜酸素透過性が高いソフトレンズ

ワンデーコンタクトレンズは、1日使い捨てコンタクトレンズであり、ディスポーザブルタイプのなかでは、もっとも酸素透過性が高いレンズといえます。高校生以上になると、

ワンデーコンタクト〜酸素透過性が高いソフトレンズ

姿勢と目〜視力低下を防ぐ秘訣

姿勢と目は、深く関わっています。一般的に言われるように、姿勢が悪いと視力が低下し、近視になる危険があります。今視力1.2であっても、姿勢を悪くして受験勉強やパソ

姿勢と目〜視力低下を防ぐ秘訣

目の視力回復トレーニングの方法とは?〜眼筋訓練

目の視力回復トレーニングの方法は、巷にたくさんあります。これは目の筋肉を鍛える方法であり、エキシマレーザーを照射して裸眼視力をアップさせるレーシック手術などは含

目の視力回復トレーニングの方法とは?〜眼筋訓練